TSGビジネススクール

開催終了 単発講座 タカメル

【オンライントークセッション】アフターコロナに挑む起業家たち

~TOKYO STARTUP GATEWAY2020 プレイベント~

日時:2020/06/17(水)19時30分〜21時30分

会場:オンライン

本講座は終了しました。
沢山のご参加ありがとうございました。

この講座について

テクノロジーから、モノづくり、ソーシャルイノベーション、リアルビジネス、グローバルを見据えた起業など、分野を越えて東京から「世界」を変える若き起業家を輩出するスタートアップコンテスト「TOKYO STARTUP GATEWAY2020」。2020年7月5日(日)のエントリー〆切に先立ち、主に10代・20代・30代の起業を目指す方を対象にしたプレイベントを開催します。

TOKYO STARTUP GATEWAYでは、始めから優秀で実現可能なビジネスプランなどは、一切必要ありません。むしろ、コンテストのプロセスを通じて「真に世界を変える力」を磨いていって欲しいという願いのもと、まずは「400字のアイデア」を思い切りぶつけてもらうところから始まります。

そして、「15歳から39歳までの個人」を対象にしている本コンテストでは、土日や平日夜に公式プログラムを開催するなど、「会社や本業で忙しい若手社会人」や「パラレルキャリアを目指す若手社会人」でも、「ありたい未来」を見据えた起業準備のしやすいプログラム設計となっています。

本イベントのテーマは、アフターコロナに挑む起業家。

飲食、スポーツ、エンターテイメント等、ウィズコロナ、アフターコロナの社会で大きな影響を受けている業界の起業家をゲストにお呼びします。

本イベントでは、ゲスト起業家が各々の業界がこの先どのような変化を遂げると考えているのかについてお聞きしていきます。その上で時代の変化をいち早く読み取りながら事業に取り組むリアルな”経営”について焦点をあてることで、ウィズコロナ時代であっても新たな挑戦を起こそうとする方々の第一歩を後押しする場としていきます。

講座の内容

・業界や産業が大きな影響を受けたその時、最初に起こした行動は何か?
・時代の波を読み取り、臨機応変に事業を対応させていく上で大事にしていることは何か?
・アフターコロナで、各々が取り組む業界についてどんな未来を見据えているのか?

など、ネットや本、セミナーでは知りえないライブならではの熱量で、起業家の生々しい本音をたっぷりと伺います。

また、このイベントには、様々なビジョンや情熱を持ち、起業に関心の高い10代~30代の幅広い世代の方々が参加します。本イベントを通じて、一人ひとりの想像がひろがり、これから起業を目指す方同士が交流する場になり、みなさんの「想像を超えた夢の実現」に一歩近づく機会となれば幸いです。


<当日のコンテンツ>
・イントロダクション&アイスブレイク
・パネルトーク ~アフターコロナで生き抜く経営とは~
・Q&Aセッション

講師紹介

秋山 悠 氏

株式会社ファンミー代表取締役 CEO

1996年生まれ。2014年、17歳でTOKYO STARTUP GATEWAYに出場し、当時最年少でセミファイナリストに選出される。2015年4月、株式会社ファンミーを設立し、代表取締役に就任。コスプレ・サブカル・芸能領域にて様々な事業を展開している。現在は主力事業としてコスプレイヤー専門のプロダクションTopLayersを運営し、国内外問わず企業へのプロモーション提案やキャスティングを行うほか、新規事業の立ち上げにも注力している。またパラレルキャリアを推奨し、経営者としてだけでなく、自身もタレントとして活動を行っており、コスプレイヤーやモデル・アーティスト等様々な方面での実績がある。Twitter/Instagram @akiyama_yu_

大森 英一郎 氏

株式会社ラントリップ 代表取締役

株式会社ラントリップ代表の元箱根駅伝ランナー。もっと自由に、楽しく走れる世界を目指して、Runtripというカルチャーを発信中。スポーツフルな人生を送りたい人々に、走って楽しいロケーションと、一緒に走れるコミュニティを提供しています。

宮治 勇輔 氏

株式会社みやじ豚 代表取締役社長、NPO法人農家のこせがれネットワーク 代表理事

NPO法人農家のこせがれネットワーク 代表理事/株式会社ファーマーズバーベキュー 代表取締役/家業イノベーション・ラボ実行委員。1978年、湘南地域の小さな養豚農家の長男としてこの世に生を受ける。2001年慶應義塾大学総合政策学部卒業後、株式会社パソナに入社。営業・企画・新規プロジェクトの立ち上げ、大阪勤務などを経て2005年6月に退職。実家の養豚業を継ぎ、2006年9月に株式会社みやじ豚を設立し、代表取締役に就任。生産は弟、自身はプロデュースを担当し、独自のバーベキューマーケティングにより2年で神奈川県のトップブランドに押し上げる。みやじ豚は2008年農林水産大臣賞受賞。みやじ豚は順調に推移するも規模拡大をよしとせず、日本の農業の現状に強い危機意識を持ち、都心で働く農家のこせがれの帰農支援を目的に、2009年にNPO法人農家のこせがれネットワークを設立。2010年、地域づくり総務大臣表彰個人表彰を受賞。2015年より丸2年間、農業の事業承継を研究する、農家のファミリービジネス研究会を主宰。JA全農と『事業承継ブック』を制作し、全国のJAを通じて1万3千部を配布。事業承継の研究と実践を推進するべく、2017年より家業イノベーション・ラボを立ち上げる。DIAMOND・ハーバード・ビジネス・レビュー「未来を創るU-40経営者20名」。著書に『湘南の風に吹かれて豚を売る』。

開催概要

日 時:
2020/06/17(水)19時30分〜21時30分
会 場:
オンライン地図はこちら
※本イベントはオンライン開催となります。
申込者の方に後日、オンライン会場のご案内させていただきます。

特記事項

・本イベントは、2020年6月16日(火)18時30分にエントリーを締め切ります。また、期限を待たず、定員に達し次第、締め切らせていただく場合もございますので、予めご了承ください。
・申込者の方には、イベント当日に使用するオンライン会議システムに関するご案内をお送りしますので、申込後に送られる申込受付完了メールを必ずご確認ください。

お申込み

本講座は終了しました。沢山のご参加ありがとうございました。